超高齢化社会の日本を元気にする 株式会社 愛和

湯灌サービス

湯灌(ゆかん)とは?

湯灌(ゆかん)とは?

湯灌は、平安時代から葬送儀式の一環として執り行われてきました。
故人の生前の苦しみや悲しみを洗い清め、来世での高徳を願う旅立ちの儀式です。
葬儀に先立ち、身だしなみを整える意味合いもあります。
古来から行われてきたこの神聖なセレモニーは、ご遺族にとって、故人と別れを悼む大事な時間。
悲しみを和らげる「グリーフ(悲観)ケア」のひとつでもあります。

湯灌セレモニーの流れ

  • 逆さ水の儀式

    ご遺族が集まり、ひとりずつ故人のお体にお湯を掛けます。

  • ご洗体

    当社スタッフが、シャンプー、顔そり(髪そり)、爪きり等を行います。

  • ご清洗

    当社スタッフが、お湯で全体を洗い流し、くまなく拭き上げます。

  • 身支度

    お身体の処置を施し、お着替えをして、死化粧を施します。

湯灌は労いと旅立ちのセレモニー。
エンゼルケアとは違います。

エンゼルケアは、死後、病院や施設で施される処置です。詰め物をして、アルコール等で体を消毒し、施設によっては化粧や着替えをしますが、これはあくまで自宅に戻すための処置です。
湯灌とは、内容も意味合いも大きく異なります。

湯灌の意味とは…

  • 故人の生前の痛みや苦しみを洗い流す
  • 最期のお洒落・身だしなみを整える
  • 来世への旅立ちの準備
  • 悲しみを和らげる「グリーフケア」
湯灌の意味とは…

まずは、お気軽にご相談ください

03-3671-1675

(セレモニー事業部 東京本部)